みんな、ひのきになれる!

asunarokid.exblog.jp
ブログトップ

時の過ぎ行く速さについて

 時の移ろいは、早いもので桜の季節から、新緑の季節まで、あっという間でした。
毎年の季節の移り替わりには例年と比べて、早い遅いがあります。

c0221937_16305140.jpg



例えば、海水温の変化でいえば今年の冬から春にかけてはあまり温度が下がっていませんでした。
1月・2月頃には、深みに落ちていく予定の小鯵が、岸近くでたくさん釣れていました。
ですが、イチゴの収穫は順調に行われていました。
イサキという魚は半月ほど早く釣れ始めていました。
それぞれの変化を見ていけば、おおよその季節の移ろいが例年に比べて遅いか早いかがわかります。

中学から高校にかけて、定期テストのシーズンになると勉強につかれたときには、
自然の中で思い切り遊びまわりたいと、思っていました。
新緑の山や海が自分を呼んでいるのです。
テントとリュックを担いで、自然の懐に飛び込んでみたいと思っていました。
大人になってから海や山に、休みのたびに出かけるのは、
おそらくそのころの影響でしょう。

先週は船で釣りに出かけて、キスを97匹釣ってきましたし、
先々週は筑後川でテナガエビを12匹釣ってきました。
季節の流れが、例年より少し早いかな。

人類がまだサルの生活を送っていたころの名残が、
ミドリ色を見ると気持ちが落ち着くことと、結びついているのかもしれませんね。
我々の心や体の中に、そのころの意識しないはるか昔の記憶が
まだいきずいているのでしょう。

現在の小・中学生は、部屋の中の遊びが中心で、
なかなか外に出かけることがありません。
虫1匹で、わーきゃー大騒ぎします。
自然界の中で生きていくためには虫との共存はあたり前のことです。
怖がらずに、嫌悪感だけで判断せずに近寄ってしっかり見てみてください。
決して気持ち悪いものだけではありません。

ちょっと注意ですが、田植えの頃に「アオバアリガタハネカクシ」という虫が、時々現れます。
約7~8ミリくらいのオレンジ色と青い色のむしです。


c0221937_16275591.jpg    つい、肌のうえをはい回るとパンとたたいてしまいますが、
   これが、原因不明の皮膚のかぶれを引き起こします。
   お医者さんも時々まちがわれますので、気を付けてください。

    勉強だけでなく、人生に疲れたと思った時には、
   思い切り緑の中でストレスを発散させることも大切です。
     
        アウトドアが大好きなDTK    上村 洋二


[PR]
by asunaro-hinoki | 2017-06-14 15:53

あすなろ伸学舎の職員たちが、日頃の子どもたちの様子や学習について書き綴っていきます。


by asunaro-hinoki