みんな、ひのきになれる!

asunarokid.exblog.jp
ブログトップ

秋の静寂と孤独な時間

少しづつ深まりゆく秋に、これからの将来を考える時間をつくって
10年後、20年後の自分を思い描いてみるのもいいことでしょう。

自分は何をしたいのか?
自分は何のために生まれてきたのだろうか?
よくわからない、どう考えたらいいんだろう。

1時間や、2時間考えても
簡単に結論が出るわけではありません。

思春期の一過性の問題ではなく、
人が生きていく上での普遍的な問題でもあります。

友達とお喋りしたり、ゲームをしたり、
時間が過ぎていくのを楽しみながら、
嫌な勉強をできるだけしないで済むような、
そんな毎日を送っていれば、
中間や期末テストはすぐにやってきて、
成績が伸びなやむ結果となる原因が
ここにあるような気がします。

中学3年生になってから勉強すればいいや。
そう思っている1・2年生が多いように見えます。
3年生になってももまだ大丈夫、
これからすれば、と、
受け止めている生徒さんたちが
ためらったままで過ごしているようにも思えます。

その時その時の問題が答えられればいいのではなく、
知識や思考が体系的に理解できているかどうかガ
問題なのです。

時々、生徒同士で教えあっているといいますが、
答えだけ知りたくて聞いている場合がほとんどです。

体系的に関連付けて多くの事を
学びとらなくてはいけません。

生徒同士の教えあいが悪いことだとは言いませんが、
もっとつながりや関連性を知っておいてほしいのです。

一人になって自分と向き合いながら
一生懸命に取り組むことが勉強なのです。

あの人は簡単に覚えるのに
なぜ自分は覚えられないんだろう。

様々な思いをつぶやきながら
自分に対するコンプレックスとの
戦いをしながら
苦しみながら
繰り返して行うのが勉強ではないでしょうか。

孤独な闘いを乗りきって
高校入試に勝てるように
一生懸命頑張ってください。

   DTK    上村






[PR]
by asunaro-hinoki | 2017-09-13 21:56

あすなろ伸学舎の職員たちが、日頃の子どもたちの様子や学習について書き綴っていきます。


by asunaro-hinoki