みんな、ひのきになれる!

asunarokid.exblog.jp
ブログトップ

期待される夏。

中3の三者面談の初日が、ただいま終了しました。


お忙しいなか、多くの保護者の皆さんに足を運んでいただきました。

中体連が終わって、駆けつけてくれた中3生もいました。

(春日野中サッカー部、筑紫地区優勝!おめでとう!!)
(女子卓球でも、中2のHさんが筑前大会出場!やったー!!)


先月受けた県模試の結果をもとに、

22日から始める夏期セミナーや8月の合宿のことなど、

今後の指導について話をさせていただきました。


c0221937_22181424.jpg












どの保護者からも明るく、そして前向きに、

「この夏の頑張りに期待してます。」との

お言葉をいただきました。



もちろん、

わが子に向けての言葉ですが、

われわれ講師に対しても

エールをいただいたと、

勝手に解釈させていただきます。。。

c0221937_22475754.jpg












18日は、中3の夏期クラス編成テスト、

19日は、中1・中2の夏期前学力確認テスト、

20日は、中3生向けのOB・OG座談会(卒塾した先輩からエールをもらいます。)をし、

1学期は終講です。


期待されている、22日からの「夏」に向け、

しっかり準備をしていきます。

c0221937_22493226.jpg












渡部




[PR]
# by asunaro-hinoki | 2017-07-15 22:52

九州北部豪雨について

先日台風の被害が少なくて一安心ですね、と投稿したばかりなのに、
福岡県朝倉市、大分県日田市では、
線状層雲の集中豪雨が襲い、大きな被害が出ました。


短時間に多量の雨が降ったせいで、
山間部の小川が、土砂崩れの土石流となって
流木とともに下流に流れて多くの民家を襲い、
多くの命を飲み込んでしまいました。


とても嫌な予感がしたのですが、
被災直後は消防団活動で忙しいと思い、
あえて電話をしませんでした。


すこし落ち着いたかなと思い、
昨日連絡をしてみたのです。


長男とおなかの2人目の赤ちゃんと
なくなったお母さんは
元同僚の息子のお嫁さんでした。
なんとも言葉になりません。
お嫁さんのお母さんも一緒になくなっていました。
ご冥福をお祈りいたします。


梅雨の前半は空梅雨のような天気でしたが、
後半の集中豪雨は途轍もない雨を降らせます。


経験則である程度は予想できたものの、
正確には当てることができないものです。


予想をはるかに上回る自然の厳しさは、
古来からいつも恐れられてきました。


このような自然災害の多さが、
八百万の神の信仰を日本に、
根付かせた理由かもしれません。


梅雨が明けても台風などの災害と、
全国で多発する地震は、何かもっと大きな災害を
予感させるものかもしれませんね。
どうかそのようなことが起きないように、
心から祈っています。


    DTK    上村

[PR]
# by asunaro-hinoki | 2017-07-12 16:31

1学期の締めくくりに

いよいよ7月第2週に突入しました。

中学校では中体連の勝ち負けがでてきて

同じ中3生でも、明暗が分かれてきています。


学校の授業では

急に授業進度が早くなる学校もあれば

授業がほとんど進まない学校も

見受けられます。

2学期制の学校などは9月の上旬に

期末考査などがあるため、今の時期は

かなり計画的に進めている感じです。


このような学校の生徒は

中体連の結果が出るこの時期は

特に注意が必要かもしれません。

c0221937_22505231.jpg
















あすなろでは

来週、火曜日に中3、水曜日に中1、中2の

夏期前到達度テストを行います。

その為、今週が1学期最後の授業になります。

せわしなく過ぎた中間・期末考査の内容の

復習をして来週に臨ませていきたいと思います。

伊藤洋介

[PR]
# by asunaro-hinoki | 2017-07-10 22:53

親の想い

あすなろでは、今週から保護者面談ウィークに入りました。


学期に一度、中2生以下の保護者に来塾いただき、

我々からは、今学期の生徒の状況や今後の話をさせていただき、

保護者の方からは、ご家庭での様子を教えていただきます。



毎回、そしてどの保護者の方からも感じるのは、

子への想い。。。

c0221937_23342123.jpg

  それは、単に、

  「テストの点数が上がった・下がった・・・」に

  対するものではなく、

  もっと、根本的な・本質的なことに対するもの。。。





日々の生活態度であったり、

勉強に取り組む姿勢であったり、

ひとつひとつのテストに対する準備の仕方であったり、

我々に対する挨拶や言葉遣いであったり・・・。



目先のことに決してとらわれず、

もっともっと先を見据えての話が本当に多く、

面談のたびに、

感動したり、

感謝したり、

深く考えさせられたりしてます。

c0221937_23342951.jpg


   「あすなろは、良い保護者に恵まれている。」

    面談のたび、そう思います。








来週も、保護者面談は続きます。

そして、

15日からは、中3の三者面談も始まります。

保護者の想いを子どもたちに伝えるのも、

我々の大切な仕事です。

c0221937_23343625.jpg













渡部




[PR]
# by asunaro-hinoki | 2017-07-08 23:46

物の値段について

台風の被害がほとんどなくてひと安心でした。
福岡県南部では被害が少しでたようですが、
大した被害が出なくてよかったですね。

さて、テレビを見ていると
様々な商品を紹介して安く売る番組がありますが、
ものが安く手に入ることはいいことですが、
では、いったい物の値段とは
いくらくらいなのでしょうか?
1万円の商品が、値引きで8000円になって、
さらに特別割引で6000円になる。
ではこの商品の値段はいくらくらいなのでしょうか。

どう考えても本当の値段は6000円以下ですよね。
損をしてまで商売はしませんからね。
この金額でということは定価で買う人は
とても高い金額で購入していることになります。

このような値段設定をしている商品は
信用することができません。

むかし、江戸時代に銭谷五平と呼ばれた商人がいました。
彼の商売は数量を一切ごまかさないことで
評判となり、信用をえたのです。
度量衡が一定しなかった江戸時代に
(各地の大名すら年貢を納めさせる時には
升の大きさを変えたといわれています)
ごまかしをしなかった商人は、
東北地方から船を使って
大阪や江戸に米を運んで大商人となりました。
この銭屋五平という人は
江戸時代の後期にロシア船との交渉にも
立ち会ったスケールの大きな人物でした。
しかし、政治の波にのまれて最後には
つぶされてしまいますが、
信用を得るというのは
これほど困難なことだといううことです。

塾の値段もおなじです。
大手の塾ではシーズン講座の値段を
生徒集めのために大幅に下げて表示します。
が、よく内容を見てください。
時間数や日数が短かったり、
比較すればそれなりの内容しかありません。

あすなろ伸学舎のような小さな個人塾は
大手の塾に対抗するすべを持ちません。
より丁寧に熱心にすればするほど
当たり前の金額で料金をいただくようになるのです。

いいものの値段は簡単には、変えられない。
一人一人の生徒さんを全力で面倒をみる。
正直な気持ちで、解説をして、わかってもらえるように努力する。
これがあすなろ伸学舎の姿勢です。

       DTK    上村







[PR]
# by asunaro-hinoki | 2017-07-05 17:45

あすなろ伸学舎の職員たちが、日頃の子どもたちの様子や学習について書き綴っていきます。


by asunaro-hinoki