みんな、ひのきになれる!

asunarokid.exblog.jp
ブログトップ
 時の移ろいは、早いもので桜の季節から、新緑の季節まで、あっという間でした。
毎年の季節の移り替わりには例年と比べて、早い遅いがあります。

c0221937_16305140.jpg



例えば、海水温の変化でいえば今年の冬から春にかけてはあまり温度が下がっていませんでした。
1月・2月頃には、深みに落ちていく予定の小鯵が、岸近くでたくさん釣れていました。
ですが、イチゴの収穫は順調に行われていました。
イサキという魚は半月ほど早く釣れ始めていました。
それぞれの変化を見ていけば、おおよその季節の移ろいが例年に比べて遅いか早いかがわかります。

中学から高校にかけて、定期テストのシーズンになると勉強につかれたときには、
自然の中で思い切り遊びまわりたいと、思っていました。
新緑の山や海が自分を呼んでいるのです。
テントとリュックを担いで、自然の懐に飛び込んでみたいと思っていました。
大人になってから海や山に、休みのたびに出かけるのは、
おそらくそのころの影響でしょう。

先週は船で釣りに出かけて、キスを97匹釣ってきましたし、
先々週は筑後川でテナガエビを12匹釣ってきました。
季節の流れが、例年より少し早いかな。

人類がまだサルの生活を送っていたころの名残が、
ミドリ色を見ると気持ちが落ち着くことと、結びついているのかもしれませんね。
我々の心や体の中に、そのころの意識しないはるか昔の記憶が
まだいきずいているのでしょう。

現在の小・中学生は、部屋の中の遊びが中心で、
なかなか外に出かけることがありません。
虫1匹で、わーきゃー大騒ぎします。
自然界の中で生きていくためには虫との共存はあたり前のことです。
怖がらずに、嫌悪感だけで判断せずに近寄ってしっかり見てみてください。
決して気持ち悪いものだけではありません。

ちょっと注意ですが、田植えの頃に「アオバアリガタハネカクシ」という虫が、時々現れます。
約7~8ミリくらいのオレンジ色と青い色のむしです。


c0221937_16275591.jpg    つい、肌のうえをはい回るとパンとたたいてしまいますが、
   これが、原因不明の皮膚のかぶれを引き起こします。
   お医者さんも時々まちがわれますので、気を付けてください。

    勉強だけでなく、人生に疲れたと思った時には、
   思い切り緑の中でストレスを発散させることも大切です。
     
        アウトドアが大好きなDTK    上村 洋二


[PR]
# by asunaro-hinoki | 2017-06-14 15:53

1学期最初の定期考査

1年ぶりのブログ投稿です119.png

えらく長い間、ほっぽいといて

もうしわけありません。



早速ですが、今年の中学の定期考査

の日程は、例年とはかなり違って

対策の時間割を組むのに

えらく苦労しています122.png


5月1日  那珂川中 中間考査
5月12日 春日野中 中間考査
5月26日 平野中・大利中 中間考査
6月9日  春日南中 中間考査
・・・と

中間考査の日程だけ見ても

これだけばらけていました。

もちろん、通常の授業は進めながら

対策も並行して行うわけですが・・・



この後は、期末考査の対策に

移ります。

(既に一部中学の対策中!)

14日から本格的に対策を行って

いきます。

中間考査が今一だった・・・という

中学生は、この期末対策講座は

どうですか101.png

お電話お待ちしています104.png

               伊藤洋介


[PR]
# by asunaro-hinoki | 2017-06-12 23:30

準備

今さらですが、イチローは、すごい!!

昨日もマルチヒットで、

ピート・ローズが持つメジャーの安打記録まで、あと5本。

メジャー通算3000安打まで、あと27本に迫っています。。。

c0221937_1445397.jpg


スタメンを外れることの多かったここ2,3年を見る限り、

もう厳しいのかな・・・?!と、思ったもの、

やはり、彼は異次元です!


イチローの数多くの名言の中に、

「夢や目標を達成するには1つしか方法がない。小さなことを積み重ねること。」

というものがあります。

まさに、1本1本のヒットを積み重ねた結果です。

そして、その1本のヒットを打つため、最善の準備を怠らない。

・・・・・

おととい、春日南中の前期中間テストの対策授業が終了しました。。。


テスト3日前には、学校のワークを何とか終わらせました。

そして、残り3日間は、「直前演習」として17:45~21:55まで、

塾のテキストやチェックテストなど、多くの問題に取り組みました。


そのチェックテストの結果で、準備不足が明白になった中1の子たちは、

ようやく、「ヤ・バ・い・・・。」と気づいた様子。


あえて、何も言わずにいたら、

「・・・もう1回、解く。」

しっかり解きなおした結果は、1回目とは見違えるようになりました。


初めての中間テスト。初めての対策授業。


イチローばりの準備はできなかったけど、

「学校のワーク⇒塾のテキスト⇒チェックテスト⇒解きなおし」のサイクルの必要性は、

理解できたはず。


テスト対策のルーティンとして、身につけてほしい。


そして、次は、

「準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、
そのために考え得るすべてのことをこなしていく。」

この言葉に近づけるよう、準備しよう。


渡部
[PR]
# by asunaro-hinoki | 2016-06-11 14:50
 塾の先生をするようになってから気づいたことですが、
 子供たちはなぜ虫を嫌がるのでしょうか。
 
 地球上に生きている虫は約100万種にのぼるといわれています。

 人類はこの世にうまれてから、常に虫に囲まれて暮らしてきたわけです。
 花の間を飛び回るチョウやカブトムシ・クワガタムシと共存してきたことになります。
 
 もちろん蚊や蠅・ゴキブリなどの衛生昆虫もすべて含めてです。
 身の回りにいつもいる昆虫を、よく観察すれば結構きれいな色をしています。
 
 私はその色の美しに魅せられて、小学校の低学年のころから昆虫採集を初めて、
 高校3年生まで夢中でした。
 
 特にチョウには深入りをして、フジミドリシジミの九州で2番目の生息地となる 
 現在の南阿蘇村 の外輪山の放牧地を発見したりしていました。
 
c0221937_1839513.jpg

 
 振り返ってみますと、
 熊本地震で崩落した阿蘇大橋を見ながら、阿蘇下田駅まで行き、そこから徒歩で外輪山の
 放牧地まで約30分かけて登り、無心に卵を見つけたり、成虫をとったりしていました。
 
 中学生の私が国鉄の立野駅で楽しみにしていたものが、駅前の「にこにこ屋」で売っていた
 「にこにこまんじゅう」を、当時8個入りで50円でしたので、
 それを買って食べることでした。
 
 今でも「にこにこ屋」はありますし、お店のおじちゃんおばちゃんとも顔見知りで
 阿蘇に行くたびごとに、まんじゅうを4つほど購入しています。
 
 熊本地震のあと連絡を取ろうと思うのですが、電話がつながりません。とても心配です。
 
 ついでにこの地区には「オオルリシジミ」が生息していてそのチョウの保護をするために、
 役場が採集禁止にしてしまいました。
 
c0221937_18412029.jpg


 ところが、山麓の放牧地のもう一つのフジミドリシジミの存在は忘れ去られて、
 今ではファミリーランドができています。
 
 きっと、あのフジミドリシジミは絶滅してしまったのでしょうね。
 
 自然や動物・昆虫をこよなく愛する者にとって、たまらなく残念なことです。
 
 そのとき、もう一つのキリシマミドリシジミの卵から成虫まで育てて標本を
 作ったりしていました。
 法満山や石谷山の山頂付近に生息していたキリシマミドリシジミも、いなくなって
 しまったのでしょうね。
 
 宝珠山村(現東峰村)の岩屋駅から、英彦山の連なりにある岳滅鬼岳に登って
 キリシマミドリシジミの卵を取りに行ったりして、標本を作っていました。
 
 夜に電気の光に輝くチョウの羽の美しさに、何時間も見とれていたものです。
 
 昔話はさておき、蠅や蚊・蜂などに驚いて逃げ回る子ども達を見ていると、
 とても違和感を覚えます。
 
 衛生昆虫と呼ばれる虫を嫌がるのはしょうがないとしても、
 もっとよく観察してほしいと思います。
 
 ついでに、これから田植えの時期によく出てくる皮膚がかぶれる虫を一つ、
 お伝えしておきます。
 
 5ミリくらいのアオバアリガタハネカクシと呼ばれるハネの部分が緑色で
 胴体がオレンジ色のものです。皮膚の弱い人はその虫が張っただけでかぶれます。

 蚊と間違えて手でたたいてつぶそうものなら、痒さとともに広がって
 皮膚科のお医者さんのお世話になることになります。
 
 小学生の低学年以下の子どもさんは、特に気を付けてください。
 
 外に出て遊ぶ機会のない子どもさんたちの感覚が、もっと強くなってほしいと思っています。
                  
 DTK  上村
[PR]
# by asunaro-hinoki | 2016-05-30 18:23

テストウィーク

先週に続いて


今週も、来週も


定期考査対策になります。





今週は高校の定期考査対策が主でしたが


来週は中学校の中間対策になります。


(実質は今週の火曜日からですが・・・)




今日、土曜日は


午後2時から


「中学フリー演習」と題して


自由参加の演習を行いました。


中3生は部活動で参加は厳しかったのですが


中1生・中2生は思いのほか


来て勉強していましたね。


黙々と学校ワークをこなす姿が


印象的でした。




夜は中3生の対策授業と


中1生・中2生の演習でしたが


中1生・中2生の中には


昼のフリー演習に参加して


夕方、家で食事を摂ってから


夜の演習に参加した強者もいましたが


しっかり勉強できていたようです。


中3生もあらかた学校ワークを


仕上げられたようです。(えらい!)





来週は


中学生の中間考査対策のまとめになります。


試験前の3日間は


5教科すべて、チェックテストをして


仕上げていきます。





子どもたちは


きっとがんばってくれると


信じています。(頼むよ~)



          伊藤洋介
[PR]
# by asunaro-hinoki | 2016-05-21 23:04

あすなろ伸学舎の職員たちが、日頃の子どもたちの様子や学習について書き綴っていきます。


by asunaro-hinoki