みんな、ひのきになれる!

asunarokid.exblog.jp
ブログトップ

日本史

最近、ケータイの機種変更をしたくてたまらないKanちゃんだす。


一昨日まで、中学部は学年末試験対策でした。
その対策の中に演習(自習や自学)の時間の設定があります。
生徒たちは自分の苦手な科目の勉強だったり、
学校の課題(ワークなど)でまだ終わっていないものに取り組んだりと様々。

その演習時間では、講師に対して担当科目以外の質問も飛んでくるので、
Kanちゃんがキライな英語などの質問が来たら困るなぁとちょっぴり緊張。

で、歴史を勉強してる生徒がいたので、
ちょっと教科書とか覗いてみると、
なんだか知らないうちに歴史(日本史)っていろいろ変わってますよね。

大学時代の友達で、歴史好きなヤツから、
「歴史って、それまでに発見されてなかったものが発見されたりすると、
ある日いつの間にか変わるからなー」
とかよく言われてて、
でも、その時はそんなことあまり気にしてなかったんですけどね…。


c0221937_1402198.jpg
「聖徳太子は実はいなかった(かも)」とか、
「足利尊氏の馬に乗って颯爽と駆け抜けている絵や
源頼朝の肖像画が本人ではない(らしい)」とか、
TV番組や何かで見て知ったり、
雑誌などの記事で知ったりと様々ですが、

生徒の教科書見ててさりげなく驚いたのは、
Kanが習った頃と今で、「縄文時代」が3倍くらい昔になってるじゃないですか!
当時は5000年前からとかいってた(と思う)のに、今では16500年前からだと!

それにしても3倍って凄くないですか!?

なんじゃそれ!


Kanちゃんは「源義経がモンゴルに渡ってチンギス・カンになった」っていう
都市伝説みたいなの、信じたいっす。
Kanつながり。



そういえば、理科も水金地火木土天海冥が変わったよね。残念ね、「冥」。



いやー、その点、数学は何も変わらないから助かるわぁ!




おしまい。
[PR]
by asunaro-hinoki | 2010-02-20 14:03

あすなろ伸学舎の職員たちが、日頃の子どもたちの様子や学習について書き綴っていきます。


by asunaro-hinoki