みんな、ひのきになれる!

asunarokid.exblog.jp
ブログトップ

リベンジの準備

先週各中学でおこなわれた中間テストの結果が、ほぼ出揃いました。


毎回そうですが、今回も・・・

良かった子、良くなかった子。

伸びた子、伸びてない子。

社会だけ良かった子、社会だけ悪かった子。


一人ひとり、ホントさまざまです。



・・・・・


今回は、テスト一週間前から全学年、毎日対策をおこないました。

その成果が出た!と思われる子は、このまま調子にのって、期末もがんばれるはず。


問題は、そーでなかった子。

「あんなにやったのに、平均(点)やった・・・。」

こーいう子たちに対する接し方は、とても難しく、

状況に応じて、言い方を変えるしかありません。


A君には、間髪入れず、

「あんだけやったけん、平均取れたったタイ。平均超えるためには、もっとやるしかなかろうモン!ガオー!!(雄たけび付き)」


Bさんには、「ん~・・・。」とひと呼吸入れて、

「でも、(勉強)量的にはあんくらいはやらないかんけん、あとは、少しやり方考えよっかー。」


Cちゃんには、スマイル全開で、

「がんばったかいがあったやん。これで、もっとやればもっと点があがることが証明されたやん。」


・・・ふー、慎重に慎重に。このコトバを間違うと後々、たいへんなことになりますからね。・・・



それと同時に、各中学の生モン(実際の中間テスト問題)を回収しています。

丹念に、そしてしつこく精査していきます。


しか~し、私もどちらかと言えば生徒側。


「コレ、出します?!」

「この問題は、ちょっと~イミぷー(失礼しました。意味不明でございます)?!」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん?」


ってな問題を、チラホラちらほら、さらにチラホラちらほら。。。見つけてしまいます。




改めて思ったこと。前から思ってたけど、確信したこと。


それは、テスト作成者(=先生)による、独自?マニアック?問題が結構あるということ。




それに対応するためには・・・


やはり、学校の授業を集中して聞いておかないと。

特に、「ここ、大事!」って、

先生がおっしゃった箇所はもらさず、CHE~CK!できる状況が必要です。

c0221937_23161897.jpg


期末は23日・24日。

リベンジの準備を、着々と・・・。

渡部
[PR]
by asunaro-hinoki | 2011-06-04 23:22

あすなろ伸学舎の職員たちが、日頃の子どもたちの様子や学習について書き綴っていきます。


by asunaro-hinoki