みんな、ひのきになれる!

asunarokid.exblog.jp
ブログトップ

しっかりときくということ

ひさしぶりのブログ掲載となります。

この1年間,いろいろ忙しくて「心を亡くした」状態でした。

いかん,いかん。これは渡部先生のパクリだな・・・

ともかく,また,ブログの掲載を再開することになりましたので

よろしくお願いいたします。




さて,12月も中旬となり,2学期も残りわずかとなりました。

中1,中2生は期末考査も終わり,少し緊張感がなくなってきたように思います。

そのような中,なんとか少しでも勉強できるようにとがんばっている今日このごろです。



最近,特に,強く思うことがあります。



生徒たちは,静かに授業を聞いているし,板書もノートに書いている。

しかし,次の授業のときには,前回の内容を覚えている子もいれば

そうでない子もいる。個人個人で記憶力の差はあるとしても・・・?

この差はなんだろう。


思い当たることは,話に対してしっかりと心を向けさせてきかせているかどうか

ということでしょうか。



授業では学校の自学としても使えるような内容で授業をしています。

しかし,それが逆に授業をノートするという行為に専念させているのだとしたら

私の授業もまだ改善していかなければいけないかと思います。



それでは次の水曜日にまた。



伊藤
[PR]
by asunaro-hinoki | 2011-12-14 23:48

あすなろ伸学舎の職員たちが、日頃の子どもたちの様子や学習について書き綴っていきます。


by asunaro-hinoki