みんな、ひのきになれる!

asunarokid.exblog.jp
ブログトップ

何度でも、何度でも。

先日の日曜日、うちの陽和太の保育園で、

運動会がありました。

c0221937_14533885.jpg



この保育園の運動会は、チョット変わってて、

その1.運動会の始まる前に、園児・保護者・観覧者全員で草むしりアンド石拾い。

その2.運動会中のカメラ・ビデオ撮影一切禁止。
    ⇒撮影より、競技に集中せよ!ってことです。最初はやはり、戸惑いましたが、
     そのおかげで、場所取りなど全く気にせず見ることができます。

その3.かけっこやリレーのような、普通の運動会に欠かせない競技はほとんど無し。
    その代わり、連続さかあがりや棒のぼりなど、どちらかと言うと、
    日頃の成果を発表するのがメイン。



・・・そして、必ず、できるまでやらせます。。。


一番年長さんの組は、かべのぼりにチャレンジ。

そのかべも、1メートル70センチぐらいはあり、

子どもたちは、そのかべにぶつかり、何とか手をかけ、足をかけて、乗り越えます。


ひとり、ふたり・・・と成功していき、

2人の子が残りました。

ひとりは、とてもきゃしゃな女の子。

もうひとりは、ガタイもしっかりした男の子。


何度も何度も、チャレンジしては失敗し・・・のくり返し。

だんだん声援も大きくなるなか、女の子が成功。


残るは、男の子ひとり。

原因は、分かっているんです。

壁の前で、二度飛んでしまうので、なかなか壁の上に手が引っかからない。



先生方は、何も言わずにその子を見つめます。

「Nくん、がんばれ~」という大声援のなか、

何度も何度も壁にぶつかっていきます。


何度失敗しても、

Nくんの表情には、まったく悲壮感がありません。

目の前の壁だけを見つめ、また駆け出します。



そして、

ついに、Nくんの右手が壁にかかりました。

大歓声のなか、

Nくんは、見事に壁を乗り越えました。。。



・・・・・


・・・





先日の火曜日、春日南中の中間テストがおこなわれました。。。


その前日、

自学を終え、夜の12時過ぎ南中生たちが、ようやく帰路に着きます。

「期待しとってー!だって、こんなに勉強したの初めてやもん。」

c0221937_15433172.jpg



笑顔で手を振る、中3生たち。

そこには、悲壮感はまったく無く、

達成感と充実感と、根拠の無い自信がありました。



期待はいつも、しています。

ただ、今回は、「こんだけやった」という自信とともにテストを受けられたことが

何よりです。


渡部    
[PR]
by asunaro-hinoki | 2012-10-19 15:57

あすなろ伸学舎の職員たちが、日頃の子どもたちの様子や学習について書き綴っていきます。


by asunaro-hinoki