人気ブログランキング |

いよいよ梅雨入りですね

記録上一番遅い梅雨入りです。

と思いきや、いきなりの“ドカぶり”です。


北部九州では、命にかかわるほどの、
降水量はありませんでした。


しかし、これからが、
気を緩められない時期です。


集中豪雨には、十分気をつけましょう。



田植えのために使われたダムの水は、
飲料水や生活用水として足りるのでしょうか。

梅雨入り前のダムの水量から、
考えるとまだまだ足りないような気がします。

できるだけ穏やかな梅雨で、
量的に十分な降水量で
あってほしいと望みます。


梅雨の植物と言えば、
アジサイとアヤメ、カキツバタ。

c0221937_16122689.jpg













一般的には、アジサイですね。
うすいブルーから、
濃いブルーへ、
最後には、ピンクへと色が変わります。


とても雨の多い時期には
風情のある植物です。

この色の変化は、土に含まれる、
成分に左右されるということです。

c0221937_16152784.jpg














アヤメとカキツバタは、
水辺に生える単子葉の植物です。


太宰府天満宮の池に生えているものが
特に有名です。

c0221937_16160650.jpg














雨に煙る青紫の色も、
「はっと」するほど周りに
映えて見えます。

室内ばかりにいないで、
梅雨の季節を
植物の色とともに、
楽しんでください。


去年も注意しましたが、
田植え前後のこの時期には、
「アオバアリガタハネカクシ」という昆虫が、
時々家の周りに、飛んでくることがあります。

c0221937_16200948.png










蚊と間違えて、
手でパンとたたくと、
この虫の体液が「かぶれ」を、
引き起こします。

そのままにしておくと、
「かぶれ」は痒くて広がって
しまいます。


「なんなんだろう」
「わけがわからない」


こうなったら、
皮膚科のお医者さんの
ところにいくしかありません。

皮膚の弱いかたには、
特に注意が必要です。

        DTK   上村    




by asunaro-hinoki | 2019-07-05 16:03

あすなろ伸学舎の職員たちが、日頃の子どもたちの様子や学習について書き綴っていきます。


by asunaro-hinoki